芸術品やアクセサリーで人気の七宝焼の歴史と特徴

芸術品やアクセサリーで人気の七宝焼の歴史と特徴

オフ 投稿者: kyosippo

七宝焼の由来

芸術品の他にイヤリングまたはブローチなどのアクセサリーにおいても、特有の美しさから時代に関わらず高い人気を誇り続けている焼き物が七宝焼です。 日本が有する伝統工芸における技法である七宝焼は、金属が使用されている素地に対して色を焼き付けていく事により生成されており、特徴的な名称には2つの由来があります。 それは材料として宝石が使用されている事と、法華経にて存在している7つの宝と同様の美しさを有しているという事です。

七宝の歴史について

また調理器具や容器などで身近な存在の琺瑯も七宝焼であり、鉄に対して釉薬を使用する事によって生成されています。 このような七宝焼の歴史は古く、紐解いていくと技法が生まれたのが紀元前におけるエジプトにまで遡り、古代のエジプトにて誕生した技法が他の異なる文化と共にシルクロードを経て中国に伝わっていった歴史があります。 日本に伝えられたのは飛鳥時代に入ってからであり、飛鳥時代に中国を介して技法の伝わり明治時代に入ると高まる人気に後押しされる形で技術に関してもめざましく発展していきます。 手がけていた人物は数多く存在していましたが、中でも京都で活躍していた方や東京で活躍していた方、尾張で手がけられた物に際しては人気が集中した歴史が残っています。

現代の七宝

そして、日本にて日本人の手によって手がけられた作品がアメリカに輸出された際には著しく高い価値が付けられ、日本はもとよりアメリカや世界中で高い評価を受ける焼き物に成長しています。 こうした七宝焼はイヤリングやブローチといったアクセサリー類の他に、美しさと迫力を兼ねている壺や調理器具としての鍋に至るまで幅広い表情を持っているのが特徴です。 幅広い表情を有しているのは用途の他に色合いも挙げられ、同じ物かつ同じ技法が用いられて手がけられたとしても採用する色が異なると顕著に感じられる印象が変化させられます。 そのような宝石に見える輝かしい美しさは長期間が経過しても失われないという特徴があるので、世界的に有名な物や神社の装飾にも使用されており、風雨や日光に晒される機会が多い環境下でもいつまでも手がけられた当時の美しさを放っています。

多様な七宝焼

さらに、七宝焼は高い技術を有している職人はもちろん初心者であっても作成が楽しめるという魅力があり、技法を柔軟に選ぶ事によっていつまでも新鮮な気持ちで親しみ続けられる奥深さや、手がけた方の個性が感じられる作品作りに活かす事が可能です。 加えて、800度にもなる熱気を帯びつつ電気炉から出された焼き物は出された直後から刻々と外見が変化していくので、幻想的に変化していく様子を目の当たりにする事ができる魅力もあります。 こういった焼き物の持つ美しさと、長年にわたって受け継がれてきた伝統や技術を受け継ぎつつ身近に感じてもらえるように行われているワークショップも多く、ワークショップではブローチなど普段から愛用しやすいアクセサリーが作れる上に、用いる道具も電子レンジなどなので気軽に歴史に触れられます。