MENU

車を高く売るためのタイミングってあるの?


車を売却することを考えた時、誰もが少しでも高く売りたいと思うものです。では、車が高く売れる時期というのは存在するのでしょうか。

結論からいうと、あります。

日本企業の決算期に当たる3月と9月、特に9月です。
というのは、3月ごろは自動車重量税が発生するタイミングと重なるため、結果的にお得にならない可能性があるためです。

この場合は、3月に入る前に車を売却してしまった方がお得ということになります。
ただ、中古車買取業者によっては、自動車重量税を業者が負担するというキャンペーンを行っていることもありますので、こまめな情報収集を怠らないようにすれば、よりお得に車を売却することが出来るでしょう。

車を高く売るなら時期を選ぼう

3月や9月などの決算期には、消費者が車を買うタイミングとも重なりますので、中古車買取業者としては、品ぞろえを少しでもよくしたいと考えています。

そのため査定額が高めに出る傾向があります。
需要と供給の関係が高まる時期なので、中古車市場全体の動きが活発になるわけですね。

では、1年のうちに車を売るタイミングは2回ほどしかないのか、というとそうではありません。
車は乗った年数が経過するにしたがって価値が下がります。

例え人気の車種でもそれは同じです。
それに、決算期を待っている間に、乗っている車種がモデルチェンジをしてしまう可能性もあります。

モデルチェンジした後の車は『旧型』として評価されることになるため、当然ながら査定額は下がってしまいます。

また、車検期間が残り半年を切っている場合は、すぐにでも売却した方がいい、と言えます。

中古車の査定において、1年未満の車検期間の車はあまりいい査定はされません。
基準としては3ヶ月の車検期間が残っていれば問題はないですが、3ヶ月を切っていると査定額にマイナスの影響が出てしまいます。

もし万が一、車検が切れてしまうとどうなるのでしょうか。
車検が切れた車を運転すると道路交通法違反となり、6点の大きな減点対象となってしまいます。

加えて自賠責保険も失効していた場合、さらに6点が減点されます。12点もの減点をもらうと、90日間免許停止処分を課されます。
過去の違反歴がある場合は、一発で免許停止となる可能性も出てくるのです。

このような事態を招かないためにも、車を売却したいと考えた時点で残りの車検期間をチェックし、残りが1年を切っているようなら、決算期を待たずに売却することをおすすめします。

高級車の査定額はあまり変動しない

ただし、車種によってはいつ売却しても査定額が変わらない車種もあります。
それは、フェラーリなどの高級車です。

希少価値が高いフェラーリなどの高級車は中古車としての価値は年数を経ても下がりにくいため、決算期など関係なく、いつ売却しても査定額に変動はない、と言われています。

ここまで、中古車を売却するタイミングを紹介してきました。
ポイントをまとめると、

・中古車を売却する前に車検の残り期間をチェックする
・車検の残り期間が半年未満の場合は、すぐに売却する
・車検の残り期間が半年以上、1年未満なら、決算期を待つという手段もある
・近い決算期が3月の場合は、自動車重量税を負担してくれるキャンペーンをやっている業者を探す
・自動車重量税を負担してくれるキャンペーンが見つからなければ、2月中に売却する

以上になります。

いずれのタイミングにせよ、細やかな情報収集、自分の車の情報をきちんと把握しておくことが大切になってきます。

車の売却を考え始めたら、まずは自分の車の情報をチェックしてくださいね。

メニュー

このページの先頭へ