MENU

似ているようでも本当は違う!車の買取と下取りについて知っておく

これまで乗っていた車を売却する手段として、車の買取あるいは、車を処分すると同時に新たに車を購入する場合は下取りという方法があります。
言葉の響きは似ていますが、実は全く異なる車の売却方法です。

同じ車でも売却方法が違えば、当然、金額も異なってきます。

車を売却するにあたって、少しでも高く売るためにはこの二つの方法の違いを十分に理解して適切な方法を選択する必要があります。

では、車の買取と下取りの違いを説明していきます。

車の買取とは

まずは、車の買取について説明します。

買取とは、中古車の買取業者に自分の車の市場価値を査定してもらうことから始まります。

中古車を買取してもらう場合は、車そのものの価値も評価されますが、パーツとしての価値も評価の対象になりますので、下取りよりも査定対象が多くなることから、買取額も高くなる傾向があります。

大手に限らず、多くの中古車買取業者がインターネットでの査定のサービスを提供していますので、複数の業者の査定額を比較検討した上で、業者を決めることができますので、簡単に査定を依頼できます。

車の下取りとは

次に車の下取りについて説明します。
車の下取りとは、新しく車を購入するという前提条件が付いてきます。

新しく車を買う販売店にこれまで乗っていた車を売却して、新しく買う車の金額から下取り額を差し引いてもらうという売却方法になります。

下取りにはいくつかのメリットがあります。

中古車買取業者では値段がつかないような古い車種でも、ある程度の値段を出してくれること、これまで乗っていた車を処分する手続きも、新しい車の購入に附帯する手続きも、販売店の営業担当者が代わって行ってくれることです。

ですので、新しく車を買う予定がある場合は、買取よりも下取りを選択したほうが煩わしい手続きをしなくて済む、ということになります。

下取りのデメリットとしては、中古車買取業者に買取してもらうよりも、査定額が低く出る傾向があるという点です。
それは、販売業者にとって、下取りはあくまで新車を売るためのサービスの一環だからです。

これまで乗っていた車のメーカーと同じメーカーの販売店では、下取り価格はゼロと査定された結果、別のメーカーの販売店で下取り査定をしてもらったところ、一定の査定価格が出たという実例もあります。

このケースでは、メーカーを乗り換えることに対しての顧客へのサービスとして、下取り価格が提示されたものと解釈できます。

このように、下取り価格というのは、あくまで販売店や担当者の一存で決まってしまうという傾向があることを知っておきましょう。

このデメリットを避ける方法としては、一度中古車買取業者に査定を依頼する方法があります。

下取りよりも高い価格が出る傾向がある買取の査定額を聞いておくことで、出された下取り価格が適性な価格なのかどうかを確認することができます。

■まとめ

手続きの煩雑さを避けたいために下取りに出したいが、できるだけ高い価格で買い取って欲しいと考えるのは、誰でも同じです。

そのためには、車の市場価値がどのくらいなのかを知っておかなくてはいけません。
それを知るためには、中古車買取業者の査定に出すことが一番早く簡単な方法です。

1社だけでは、本当にその価格が適正な市場価値なのかわかりませんので、複数の中古車買取業者に一括で査定を出すことをおすすめします。

そのうえで、最も高い買取価格に近い金額を出してくれる販売店から車を購入することです。
ただ、その販売店に乗りたい車がない、というケースもありますので、その場合は下取り価格については、サービスと割り切って新しい車を楽しむという選択肢ももちろ

メニュー

このページの先頭へ