MENU

車を売却する際にはどのような書類が必要になるのか?


車を中古車買取業者に買取に出すにせよ、新車を購入するのと同時に下取りに出すにせよ、様々な管轄省庁に提出するための書類が複数必要になります。

これは車に乗るにあたって、常々きちんと手続きしておかないといけない書類も含まれていますので、この機会に詳しく知っておきましょう。

車を手放すときに必要な書類1)実印

厳密には書類ではありませんが、附帯する書類に『印鑑証明』があります。

実印というのは、一般的に個人にひとつ所有する不動産や車などの大きな金額のものを購入する際に必要な印鑑のことを指して言います。

そしてこの実印は、居住地の役所で『実印登録』しておく必要がありますので、実印を作製したタイミングで、登録も済ませておくとのちの手間が省けます。

車を手放すときに必要な書類2)印鑑証明

個人が所有している実印が、公的機関に登録されたものであると証明する書類が『印鑑証明』になります。

車を売却する際に必要になるのは発行日から3ヶ月以内の印鑑証明です。
そのため、車の売却の予定が定まった時点で、時間を見つけて印鑑証明を発行しておくと言い出そう。

下取りに出す場合は、2枚必要になります。

車を手放すときに必要な書類3)自動車検査証(車検証)

車検証については、車内に常備しておくことが法律によって義務付けられていますので、特にどこかに出かけて取りに行くとか、煩わしいことは基本的にはないはずの書類です。

ただ、紛失してしまったときは管轄の運輸局に赴き、再発行してもらわなくてはいけなくなりますので、注意が必要です。

車を手放すときに必要な書類4)自動車税納税証明書

自動車を所有する際に支払う税金をきちんと納めていることを証明してくれる書類です。毎年5月末までに納税することが決められています。

一般的にこの書類が必要になるときは、車検証も必要になりますので、無くしたりしないためには車検証と一緒に車内に常時保管しておくことをおすすめします。

納税を怠ると、車を売却することは出来なくなります。
万が一、この書類を紛失した場合は、歌都道府県の税事務所まで行き再発行してもらわなくてはいけなくなります。

車を手放すときに必要な書類5)自賠責保険証

自賠責保険とは、人に対する損害を補償する保険のことで、自賠責保険の保険期間が車検の有効期間よりも1日でも多くないと車検証が発行されないということになっています。

そのような保険に加入しているという証明書が自賠責保険証となります。
こちらも使用するのは車検証を使用するタイミングとほぼ同時ですので、車検証と一緒に保管することをおすすめします。

万が一紛失した場合は、保険会社に再発行を依頼することになります。

車を手放すときに必要な書類6)リサイクル券

法律に基づいたリサイクル料金がきちんと支払われていることを証明する書類です。
こちらも使用するタイミングは車検証と同じことが多いので、車検証と一緒に保管しておきましょう。

万が一紛失した場合は、自動車リサイクルシステムが開設しているホームページにアクセスし、『自動車リサイクル料金の預託状況』を印刷することで代替できます。

他に必要となるのは、委任状と譲渡証明書になります。
委任状とは、売却に際して車の名義変更の手続きを販売店に依頼することを証明するための書類で、こちらは実印を押印する必要があります。

譲渡証明書とは、車を譲渡するための証明書で、こちらにも実印を押印する必要があります。
その他、ローンの支払いが残っている車を売却する際には、残債を一括返済しなくてはいけないので、それに附帯する手続きが必要になります。

この手続きについては、買取業者に相談してみましょう。

メニュー

このページの先頭へ