MENU

どちらの方法がお得?中古車買取と下取のそれぞれのメリットとデメリット


中古車を処分しようとするとき、中古車買取業者に買取を依頼するか、新車を購入するついでに下取りに出すかのどちらかを選択する人が多いと思いますが、手続きなども含めるとどちらがよりお得な方法と言えるのでしょうか。

金額だけを見ると、買取の方が下取よりも査定額が高くなる傾向があることは、一般的に知られています。

しかし、手続きなどの面まで含めると果たして買取の方がメリットが大きいのでしょうか。

今回は、買取と下取のメリットとデメリットを比べながらどちらがよりお得な方法か、見ていきます。

車の買取のメリットとデメリット

まず、車の買取とは、中古車買取業者に車を買い取ってもらう方法を言います。
買い取った車はメンテナンスとクリーニングをした後に、中古車として市場に再び出されることになります。

商品としてすぐ店頭に並べることが出来るため、査定額も高くなるというわけです。
この査定額が下取と比較して高くなるという点が、買取の大きなメリットのひとつです。

人気のある車種の場合は、すぐにさばけることから査定額も高くなることが多くあります。
社外品のパーツについても評価され、査定額にプラスされるため、より高く車を売りたいという人は、買取が向いていると言えます。

対して買取のデメリットは、査定の見積もりを複数の業者に依頼した場合、それぞれの業者間でトラブルが生じることがあります。
また、複数の業者間で査定額を比較することで時間と労力が必要になります。

さらには買取の場合、査定額に同意したら早期に車を引き渡さなくてはいけません。
その場合、次の車の納車に間に合わないこともあります。

毎日車を利用する人にとってはこれは大きなデメリットになります。
週末などしか乗らない人にとっては、これはデメリットにはなり得ない点と言えます。

車の下取りのメリットとデメリット

車の下取りとは、新しい車を買うディーラーに車を売ることで、新しい車の代金を査定額の分差し引いてくれるシステムです。

ディーラーに車を売ることになりますので、手続きはほとんどディーラーがやってくれます。
手続きの書類もディーラーに提出するだけで済むので、簡単です。この点が下取の大きなメリットになります。

さらには、中古車の引き渡しは、新しい車の納車時になることがほとんどであるため、車がなくて困るといったトラブルは発生しません。

ディーラーの駐車場を借りて新しい車への荷物を乗せ換えることもできます。
こちらも毎日車を使う人にとってはメリットとなりますね。
それほど車を頻繁に使わない人にとってはあまり関係のない話ではあります。

買い取りよりも下取りの査定額が高く出る稀なケースとしては、これから購入する車のメーカーと下取に出す車のメーカーが同じ場合や、ディーラーの担当者のノルマがかかっている場合、あるいはディーラーで下取のキャンペーンなどを行っている場合などがあります。

どうしても下取に出したい場合は、担当者のノルマを知ることはほぼ不可能なので、キャンペーンなどのタイミングを狙って行くといいでしょう。

対して下取のデメリットは、下取りそのものが新車を販売するためのサービスの一環として行われているという側面があるため、査定額が高く出づらいという点があります。

そもそも適性に査定するノウハウをディーラーが備えていないケースもあります。
さらには、純正品ではないパーツが取り付けられていたり、改造を加えられている車は、査定額がさらに低くなることがあります。

また、車検に通っていないような車の場合は、下取りはしてもらえませんので、注意が必要です。

メニュー

このページの先頭へ