MENU

査定前に車は修理する?しない?正解はどっち?


車の買い替えを考える時、単に欲しい車があるからという理由以外に、古くなった、ダメージがある、事故を起こした、故障したといった理由が考えられます。

買取や下取の査定をする場合、修理が必要と思われる車は、修理をしてから査定してもらうべきなのか、修理をする前に査定してもらうべきなのか、正解はどちらでしょうか。

修理をしても査定額はかわらない

正解は、修理をする前、つまり査定してもらうために車を修理する必要はない、ということになります。

その理由としては、修理したからと言って、その修理費用が査定額に反映されることはほぼないからです。

修理するためには費用がかかりますが、修理にかかった費用は実費プラス人件費プラス修理業者の利益となります。

しかし、中古車買取業者や下取をするディーラーなどは、自前の修理工場を持っていることがあります。

そこで修理をすれば、実費プラス人件費で済むことになるので、割安です。
自社で修理工場を持っていない場合に外部の業者に修理を委託したとしても、一般の消費者が支払う金額よりもかなり安く仕上げることができます。

そして、中古車はいくら新車並みに綺麗に修理しても、中古車としての市場価値しかありません。ですので、新品の部品を使っていくら修理しても本体が中古車である以上、修理によって価値が上がることは無いのです。

修理が必要な状態で査定に出した場合、もちろん修理費用を差し引かれた査定額が提示されるわけですが、それでも自分で修理業者に依頼して高い修理代を支払ってから査定してもらった金額の方が低いという事です。

なぜなら、中古車買取業者は、中古車として販売できる状態に回復させるまでの最低限の修理しか行わないからです。

必要以上にコストをかけることはありません。
ですので、自分で修理を行った場合の修理費用が査定額にプラスされて回収できることは、まずありえないのです。

念のため修理の見積もりをとることも重要

そんなはずはない、修理した方が査定額が高く評価され、修理費用も回収できるはずだ、と考える場合は、まず、修理についての見積もりをしてもらいましょう。

その後で、車の買取査定を依頼します。
この時必ず、査定一括サイトなどで複数の業者に査定を依頼しましょう。
そうすれば最も高い査定額が把握できます。

修理の費用の見積もりを持って、最も高い査定額を出してくれた業者に相談し、修理すれば査定額がどのように変わるかを確認してみましょう。

恐らくですが、いずれの業者も「お客様での修理は必要ない」あるいは「修理費用は査定額アップでは回収できない」という回答になるでしょう。

修理費用を査定額アップで回収するとなると、修理費用=査定額アップでは修理しないことと同様になってしまいますよね。

修理の依頼などで手間と時間をとっても同等の価値しかないのであれば、一般的な考え方として、修理はしない方向になるでしょう。
事故車などの買取をすることを考えれば、中古車の買取査定の際に修理することは必要ないことと言えます。

ただ、修理の見積もりを取ることは、決して無駄ではありません。
それは、修理が必要となることによって減額された査定額が妥当な金額であるかどうかを判断できるからです。

中古車買取業者から査定額を提示された場合に、修理費用を確認し、自分が見積もりをとった修理費用と修理箇所があることによって減額された金額を比較してみましょう。

多少の誤差はあるでしょうが、それほどの開きがなければ、査定額は適性であると判断できます。
もし、10万円以上も開きがある場合は、修理に関する内訳を提示してもらい、説明を求めるか、別の業者に買取をお願いしましょう。

修理費用の見積もりと、修理が必要になることによって減額された査定額の最適な組み合わせを見つけることで、納得できる買取業者を見つけることが出来るでしょう。

メニュー

このページの先頭へ