MENU

中古車を買取や下取に出す場合、車検の残り期間で査定に差が出る?


車を売却することを考えた時、その方法として買取や下取といった方法がありますが、そのどちらにせよ、車検の残り期間が査定額に影響来ることをご存じでしょうか。

車を査定するためには試験に合格すること

中古車の査定は、一般財団法人日本自動車査定協会が主催している中古自動車査定士技能検定試験に合格した人が行うことになっています。

国家資格ではなく民間の資格ではありますが、この技能試験では中古車の査定基準や加点減点の基準などをしっかりと把握していなければ合格できません。

具体的に査定はどのように行われるのかと言うと、標準状態の車をゼロの状態とし、それよりも状態が良いか悪いかで査定をします。

標準状態とはどのようなことを指すのかと言うと、

・外装や内装に傷がないこと
・エンジンやタイヤ周辺の状態が良好で走行に問題がないこと
・車検の残りが3ヶ月以内であること
・走行距離が平均的な距離であること
・タイヤの残り溝がスリップサイン(1.6mm)以上であること
・事故歴や改造歴がなく車体に腐食やにおいなどが見られないこと

とされています。

ここで、標準状態を示す基準の車検の残りに注目してください。
3ヶ月以内とされています。

つまり、3ヶ月以上の車検期間が残っていれば、査定金額にマイナスの影響は出ないということになるのです。
ただ、現実の査定では、車検の残りについては標準状態以上の日数が残っていることが求められているようです。

車検の残りが13か月以上残っている場合は査定金額にプラスとなり、13ヶ月未満、かつ12カ月以上の場合は、査定金額にはプラス査定があったとしてもごくわずか、12ヶ月未満の場合は、プラスの査定とはならないのが現状です。

車検の残り期間は重要

これを見てみると、標準状態よりは現状の査定の方が厳しいものの、12ヶ月未満の車検期間が残っていれば、マイナス査定とはならないことが分かります。

ですので、車検が切れてしまう前に売却したいと考えた時、そこまで焦って売却先を探す必要はないことになります。
ただ、業者によっては、車検が12か月未満しか残っていないことを指摘し、査定額を低く見積もってくるケースもありますので、その際は、3ヶ月以上の車検期間が残っていれば、査定に影響しないことを知っている、と抗議しましょう。

それでも査定額に変動がない場合は、別の業者を探すことをおすすめします。

車検期間が残り少なくなると、売却前に車検を通した方が良いのでは?と考えるかもしれませんが、ここまで述べてきたように、12ヶ月ほどの車検期間が残っていれば、買取にしろ下取りにしろ査定額に影響が出ないため、決して安くはない車検は通さずに査定に出すほうがお得ということになります。

仮に車検に出したとしても、車検費用が査定額の上昇分で吸収出来る可能性は低いと言えます。

一回の車検を通すためには、自動車重量税や自賠責保険料などで軽自動車で7万円以上、乗用車の場合は10万円以上が必要になります。
それで車検期間を伸ばしたとしても、13ヶ月以上車検期間が残っていることでアップする査定額は5万円程度にとどまってしまいます。

大抵の中古車買取業者は、自社で車検ができる整備工場を持っていたり、提携先の工場があるものです。

そこで車検をすれば、一般の車検よりもかなり安い費用で車検ができます。
ですので、売却を決めた車を車検に通す必要性はまったくない、と言えますね。

車検の残り期間によって査定額に多少の差は出ますが、残り期間が3ヶ月以上あれば、査定額に影響しないことを知っておきましょう。

メニュー

このページの先頭へ